私たちは未来に向けて環境配慮した緑化推進を進めてまいります。

 都市における潤いのある緑豊かな生活環境を確保し、豊かさとゆとりを実感できる国民生活を実現するためには、都市公園等の整備を積極的に進めるとともに、地域住民や関係諸団体の積極的な参加と協力による緑地の保全及び緑化の推進など、総合的な都市緑化施策を展開することが必要です。

 また、京都議定書目標達成計画においても、都市緑化等は国民にとって最も日常生活に身近な吸収源対策であり、その普及啓発やヒートアイランド対策等を通じた都市の省CO2化に資するものとして、推進の必要性が位置付けられています。

 このため、国及び地方公共団体は、広く国民の理解と協力を得て、都市における緑の保全・創出や都市公園、街路樹の整備等を推進し、住民参加による緑豊かな美しいまちづくりを展開するため、「都市緑化月間」を実施します。(出典 国土交通省)


現代は緑が不足しています。
緑が補えることで様々な問題を防ぐことが可能です。

ヒートアイランド現象への対策
断熱性の向上
躯体の保護・建物の耐久性の向上
防音性の向上
保水力の増加
大気汚染物質の吸収・吸着
景観の向上
畑としての利用
生態系の回復

緑化推進を効率よく円滑に進めるにあたり私たちはfinepotの活用をご提案します。 自然由来の素材、耐熱性、耐久性、効率、機能性においてfinepotの活用による可能性は広がります。